人気ブログランキング |

また試練が・・・

2月9日

また試練が・・・_a0243064_911035.jpg



      胸のところにカテーテルを差し込みそこから点滴につなぐようになってからは
       点滴の漏れによる痛みや、漏れによる点滴針の差し替えに時間が掛かり
            強心剤が止まることでえらくなる事の心配がなくなり
                     娘と喜んでいました

           点滴と飲み薬の強心剤から、飲み薬だけに出来たら
         退院が出来ると、色々強心剤を医師に調節していただきましたが
            点滴による強心剤を減らすと、シンドくなってしまい
        減らす前の体調に戻そうとするのには、強心剤を前よりも増やさないと
         戻らなく、2・3度やってみて、これ以上娘の身体に点滴の強心剤を
                 増やすことは出来ないと言われました
           
            しばらくは点滴と飲み薬の強心剤で安定した心臓でした
       二人で個室にいるのも寂しく、以前のようにお姉さん部屋に移動できたら
            同じ年頃の子とお話が出来て気晴らしになるんではと
              看護師さんに相談して移動していただきました
             ところがお姉さん部屋に赤ちゃんが入院されていて
            赤ちゃんには酸素テントのモータの音がうるさいので
                    酸素モーターを切られました
             酸素テントの中は、えりなの体調が良くなるように
              温度設定と酸素濃度の調整がされていました
       酸素モーターを切られてしまい、酸素を送風するだけになってしまったので
            30分もしたら、えらくて脂汗が出て苦しみ出しました

            それで大部屋では無理だと分かり、また個室に戻りました
      悶絶が始まり、いつもの苦しみなら身体を動かさず、ジッと耐えているのですが
                耐え切れずもがき苦しんでいました
            それは、あまりにも見るに絶えれない苦しみようで
         もう強心剤を増やせれないと言われていましたが、どうしようもないのか
         強心剤を増やしてくださったお陰で落ち着き苦しみから解放されました

        この悶絶する娘の姿を見て、2度とこんな苦しみをさせたくない!
                  悶絶がない事を強く念じました

      この頃のえりなの心臓では「5年後の生存率が5分5分」だと言われていました
            落ち着いてからは安定した体調がこのまま続くようなら
     病院生活でこのまま過ごすのではなく、自宅に何とか返してあげたいと思いました
             主治医にその事を考えて欲しいとお願いしたら
                  色々な対策を考えて下さり

              携帯の点滴のポンプを使えないのか・・・
              何かあったら自宅近くに診ていただける病院がないのか・・・
      
           その前にえりなの点滴のルートには酸素の泡がよく出るので
         それを私が抜く事ができるようにならなくては自宅で療養は難しいので
            病室で点滴セットをお借りして毎日練習を始めていました
         上手く練習で出来るようになってからは、実際に看護師さんの代わりに
             やらせていただき、出来るようになりホッとしていました
             看護師さんに「これなら、お母さんでも大丈夫そうですね」と
                  言っていただけるようになり
         えりなが看護師さんに「お母さん、頑張って練習していてくれるから・・・」と
            ニコッと答えた笑顔が喜んでいてくれているんだなぁって思い
                       うれしかったです

                ところが・・・・・また、えりなに試練が・・・


              今日もお付き合い下さってありがとうございました
              これからお出掛けなのでこの続きは次回にします



   
         
にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ      
           
        
             
         
    
               
            
こんにちは。

一旦苦しみだすと以前より薬を強くしないといけないのね。
えりなちゃんの為にとしたことがみんな負担に変わってしまうなんて
mayu様そばで見てて辛かったですね。

それなのに更に試練が!?
でも目を背けられませんね、えりなちゃんが頑張った日々を見届けてあげなくちゃ。

今日はお出かけ?^^ 気分転換に楽しんできてくださいね。
えりなちゃんは悲しむことを望んではいませんからね。
お父さんお母さんに楽しく仲良く生きていってほしいって思ってるはずですものね。

P☆
Commented at 2013-02-09 17:52
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by belgium44 at 2013-02-09 21:29
mayuさん、こんばんは。
今までのお話でも、もう十分すぎるくらい苦しんで
何度も試練があったけれど、mayuさんもご家族のみなさんも
そして何よりも1番しんどいのはえりなちゃん。
本当にここまで頑張りました。
調子のいい時は、他のお姉ちゃんたちとお話できたりするのに
個室に戻るのはたまらないものですね。
こんなに苦しいんでいるのに、まだ試練が。
小さい身体で本当に頑張りました。
Commented by ゆきえ at 2013-02-10 00:23 x
(*^-^*)/こんばんは~♪

神様は乗り越えられない試練は与えられないもの…と信じておりましたが次から次へと苦しい試練が…
沢山の人とおしゃべりしていっぱい笑いたい年頃なのに大部屋では凄せなかったなんて悲しいです。

代わってあげられるものならその苦しみ痛みをすべて私に・・・
mayuさんはずっとそんな思いでお辛い日々だったでしょう。。。
思い出しながら綴ることもmayuさんにはとてもお辛いことでしょうけど最後まで…読ませてくださいね。
Commented by 0102mayu at 2013-02-10 00:57
Nanaさん、こんばんは

どうして・・・どうして・・・という気持ちと
何とかして落ち着かせて欲しい・・・と祈る気持ちばかりで
何も出来ない自分が只、傍に居るだけで
申し訳無い気持ちでいっぱいでした
どんどん悪くなっていく、えりなに動揺を感じさせないよう
普通にしているのが精一杯で泣くことも出来ませんでした

今日は気分転換になるようなお出掛けではなかったのですが
ありがとおぅNanaさん
そうですよね・・・楽しく仲良く生きていってほしいって思ってるはずですよね
いつも温かい言葉掛けに励まされています
本当にありがとうございます
Commented by 0102mayu at 2013-02-10 08:44
鍵コメさん、おはようございます
いつもいつも情け深いお言葉にどれだけ励まされているかわかりません・・・ありがとうございます
えりなを思い泣いて下さり
有難くって泣けてしまいました
えりなに出来る事は不安にさせないように
悲愴な面持ちだけはしないで明るく接し・・・でも
これをすることで一杯一杯でした
心を見透かされないように隠して動揺させ無いことでした
いつもえりなの事を思っていただき 本当にありがとうございます
Commented by 0102mayu at 2013-02-10 09:30
さおりんさん、おはようございます

何度も辛い状態になり、その度に乗り越えて
いつも笑顔でいられた娘を誇りに思います
本当によく頑張ってくれました
そんなえりなの事を解っていただき
本当にありがとうございます
少しでも同じ年頃の子のように
たわいのない会話で楽しむ事が出来たらと
大部屋に・・・と思いましたがそれも出来ず・・・
いつも、ご厚情の言葉が有り難くて胸が熱くなります
Commented by 0102mayu at 2013-02-10 10:46
ゆきえさん、こんにちは

いつもえりなの事を思っていただき
ありがとうございます 綴っていくなか
いつもとても大きな励みになっています

長い入院生活の中、少しでも楽しい思いをと
大部屋に移動させたことも、結局苦しませてしまい
何も責める事も恨む事も無く
耐えていたえりなに救われていました
ゆきえさん、いつも応援して下さりありがとうございます

by 0102mayu | 2013-02-09 09:09 | 娘のこと | Comments(8)

小さな家に思い出がいっぱい。心地の良い空間に包まれ過ごせたら・・・


by mayu
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る