ガーデンハウス前の花壇の移植

11月15日(水)


昨日は、主人の2回目の手術でした。

PM14時からほぼ24時までの長時間。

術後に医師から「パズルを繋げるような砕けた骨の位置を修正し

何十本の鋼線で固定しました。皮膚の方は、壊死している箇所や血管や神経が

もろ出しの状態なので、損傷欠損した皮膚には血流のある皮膚の移植(皮弁移植)を

しましたが、『それで、治癒』か『一部分だけくっつかない』か『再度、やり直し』か

3つなんです」と説明がありました。


今日は、ずっと痛みがあり

辛そうでした。何とか、1回の皮弁移植で完治できればよいのですが・・・



今日の写真は、

ガーデンハウス前の花壇です。

a0243064_18243839.jpg
     紅葉しだした「イロハモミジ」

     白い花の「フジバカマ」の横にはピンク色の宿根「フロックス」が

     何本か植えてありましたが、「フジバカマ」と

     西洋フジバカマの「ユーパトリウム」の勢いに押され

     目立たなくなったので移動して離しました。

     もう一つ移動したのは、「フウチソウ」で

     レンガ側にくっつけました。

     「ペンステモン‘ハスカーレッド’」も「エゴポディウム」の勢いに負けて

     貧弱な苗になってしまったので離しました。

a0243064_18591410.jpg
      花が咲いていない時期なのでわかりづらいですが

      来年には、活き活きと花を咲かせてくれると思います。




人気ブログランキングにほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村
by 0102mayu | 2017-11-15 19:23 | 庭のようす | Comments(0)

小さな家に思い出がいっぱい。心地の良い空間に包まれ過ごせたら・・・


by mayu
プロフィールを見る
画像一覧