父に車の運転を卒業してもらえました(2)

2月15日(水)


父のおかしな!?運転があり

認知症の検査を受けに

専門病院へ、両親を連れて行きました。

いろんな問診と検査をしていただきました。

父の診断は、認知症ではなく介護鬱だと言われました。

日頃ストレスをかかえている人が高熱を出すと

その時だけ、おかしな行動をとることがあるそうです。

母の方が「失語症」だと診断がおり

今までの母の言動など、言葉のキャッチボールが出来ない時など

納得するところがありました。


父のMRIの画像をみせていただいても

異常がないことがわかり安心したのですが、父も安心して

周りのものも、「本人が止めるって言わないと難しいよ」と言い

車の運転を止めることが難しくなりました。

最近では、高齢者ドライバーの危険な運転や事故が増えており

テレビでも取沙汰されていますよね・・・

いつも身につまされる思いで見ていました。


事故を起こしてからでは遅いし

事故を起こして、ショックでそれこそ認知症にならないのか・・・

人を巻き添いにしてしまったら・・・

とても心配でした。


おかしな運転から半年後ぐらいに

父がまた高熱を出し、

「自分で病院へ行こうとしている。●●●、どうするの!・・・」と

慌てふためいた母から朝早くに電話がありました。

「私に電話するんじゃなくて、隣の〇○(弟)に言わなきゃ!

すぐに電話を切って、隣に頼むの!」と答えてから実家に向かいました。

やはり父は家には居なくて病院のロビーに座っていました。

父の車は主人に乗って帰ってもらい、診察を受けてから私の車で帰りました。


もう父には運転させてはいけない! このままにしておけない・・・

絶対にやめさせようと、その日の夜に

姉弟と相談して、実家へ行きました。


その時の話は、とても書けない内容です。

ただ

母には、父を休ませてほしい! 

父の体調が悪いときぐらい(熱が出た時)デイサービスを受けてほしい! と

何度どう頼んでも「行かない!」「絶対、行かない!」と・・・

この時の母のわがまま(私はその時はそう思えました)な言動に嫌気がさし

2か月間、実家に行くことができませんでした。

家に居ても両親が心配だったりしても

どうしても母が許せませんでした。

その日は、父の車の運転を止めさせる話ではなくなり

とりあえず、父には車のない生活に慣れてもらおうと

父の車を姉の家に置かせてもらいました。

買い物には、姪が父を誘って行ってくれ

姉と相談して、父に3輪車を買いました。。。が

「乗らない!」「乗らないから持って帰って」と言われました。

その3輪車も姉の家の倉庫にしまってもらいました。

1週間経った日、父が弟を連れて姉の家に行き

「車が無いと生活が出来ない!」と父が言い

弟は「返してやってくれ!」と言われ、姉はキーを渡したそうです。

それから時が過ぎ

先日、母が入院しました。

一晩嘔吐が続き、翌朝父から「来て!」と電話がありました。

ティッシュを見たら食道で出血していたことはすぐにわかりました。

以前に食道と胃のさかいに潰瘍ができ

そこが治った時に、傷が治る時の様に食道が縮んでしまい

2、3mmの穴しか開いていませんでした。

食道の入口は、ただれて出血のあとがわかりました。

逆流性食道炎が原因です。

潰瘍の薬で良くなるそうですが、

高齢の母には、時間がかかると今度は飲み込む力が無くなる心配があるそうで

バルーンで食道を広げてもらいました。

これからは、食べ物は刻みお粥をたべることになりました。

父にこれ以上負担を掛けないように

また、3人で交替に実家に行き母を看て

買い物がある時には、父を連れて行くことにしました。


母が入院中に、姉と弟と3人で実家に行き

そのことを話し

父に車の運転の必要が無いことも話しました。

最初は「うん」と言う返事がありませんでしたが

車の運転を諦めてもらうには、

もう少し3人が両親に寄り添うことを頑張るしかないと思いました。

頑張れるのも、姉妹が実家に近い所で住んでいることと

実家の隣に住む弟のお嫁さんも協力してくれるお蔭です。

もちろん、親孝行らしきことをしたいと考えていたからです。


いままで本当に父に甘えて一人で大変だったと思います。

感謝の気持ちを伝え

気持ちをわかってもらえたようで

車の運転を諦めてもらえました。

今、実家に行くたびに、父の車が無い駐車場を見て・・・

『ホッ!』としています。


先日、姉の家の倉庫に締まってあった3輪車を父に届けました。

練習しないと難しい乗り物です。

私も挑戦したのですが、真っ直ぐ走ることができませんでした^^


人気ブログランキングへにほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村応援クイックして頂けたら励みになります
Commented by み~ at 2017-02-15 17:03 x
9年前に他界した父は生きてたら86なので、同じ悩みがあっただろうなと思いながら読ませてもらいました。実家は母一人暮らしで一番近くに住んでるのは私で、頼りになる姉が一番遠く兄はその中間くらい。納得して卒業してもらえて良かったですね。心の不安をひとつだけでもなくせてほんと良かった。
Commented by 0102mayu at 2017-02-16 12:47
み~さん、こんにちは。
ありがとうございます。父の運転は本当に不安な事でした。
父は車の運転ができなくて
しばらくは不便に思うでしょうが、できるだけ
できることは協力していこうと思っています。

Commented by primarosa at 2017-02-21 13:40
mayuさん、こんにちは^^
お父さんの心配、よくわかります。
私の父ぐらいの年齢の人は、同じ年齢でも
ずいぶん個人差があります。うちの父は身体の
動きが遅くなり、運転も危ないと思うことが
増えて、そのことで母との口げんかが増えました。
一方、主人のお父さんは私の父より年上ですが、
すごくアクティブで車もバンバン運転しています。
お父さま、介護を背負って頑張っていらっしゃって、
車がないと困ることも実際たくさんあったのでしょうね。
それでもお子さん方の説得を聞き入れられたのは、
みなさんの愛情が伝わったのだと思います。

ずっとずっと、お元気でいてほしいですね。
Commented by 0102mayu at 2017-02-21 19:36
primarosaさん、こんばんは^^
primarosaさんのお父さんはまだまだ
お若いと思いますが、年々運転が心配ですよね。
今回の母の退院前に止めてもらえる事ができて
ほっとしています。車が無いと本当に不便だなぁと
些細な事、一つひとつに気づかれます。
介護することには、休日がない・・・
父のお蔭で普通に暮らすことができているので
出来ることは何でも協力していこうと思っています。
ホント、ずっとずっと元気で長生きしてほしいです。
by 0102mayu | 2017-02-15 06:00 | Comments(4)

小さな家に思い出がいっぱい。心地の良い空間に包まれ過ごせたら・・・


by mayu
プロフィールを見る
画像一覧