「ほっ」と。キャンペーン

今日は娘14回目の祥月命日でした

1月27日(金)


今日は

えりなの14回目の祥月命日でした。


起きてから、仏壇にお供えのお膳をつくり

お墓そうじ、お花をお供えしてきました。


お寺さんに御経をあげていただいた後は

「えりちゃん、お母さん

 バラの剪定、誘引するね~」と声を掛けて庭に出ました。


  一緒にいたい

  一緒にいれたらいいのに・・・

命日の日ぐらいは、そう思ってもいいよね



「お母さん、元気でいるよ」

「好きなガーデニングしてるよ」

心配かけないようにしよう・・・と

もう13年も経ってしまいました。
a0243064_23163621.jpg


えりなが最期の入院中は

どんな姿でも生きていてほしいと願い・・・

亡くなって家に帰ってきた頃は

何もかも、えりなが生きていた頃のまま

川も道も建物も

変わらないでほしいと思い・・・月日が経つのが怖かったです。


海底の暗闇から抜け出せないと思っていましたが

あんなに月日が経つのが嫌だったのに

その月日のおかげで

悲しみや苦しみが少しずつ和らいでいきました。


笑顔のえりなの写真を見ると

えりなが本当に笑顔でいてくれる気がします。

その笑顔に支えられています。


今年も、やっとの思いで母がえりなに手を合わせに来てくれました。

もう母は、わずかな距離でも

人の介助無しでは歩くことができなくなりました。

えりなのことを話す時は、いつも涙ぐみます。

とっても大事にしてくれた

母にいつもえりなは

「一緒に長生きしようね~」と言っていました。


えりちゃんは、いつも「長生きしてね」と願っていると思います。

a0243064_23174189.jpg
a0243064_23172260.jpg

今年もお友達がお花を手向けてくださいました。

いつまでも

えりなを想って頂けるのは

本当にありがたく嬉しいです。






人気ブログランキングへ


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村応援クイックして頂けたら励みになります。
[PR]
by 0102mayu | 2017-01-27 23:26 | 娘のこと

小さな家に思い出がいっぱい。心地の良い空間に包まれ過ごせたら・・・


by mayu
プロフィールを見る
画像一覧