いつでも前向きな母に救われます

2月12日



      「このまま悪化した状態かもしれませんが

      腎不全で今は体調が悪いから(尿毒が身体にまわっているため)

      認知症が悪化してるだけで

      体調が良くなったら

      前ぐらいの症状になるかもしれません・・・」

 

      完全に以前ぐらいの症状ではありませんが


      訳のわからないことをしたり言ったり

      点滴を抜いてしまったり

      幻覚・幻聴などの症状は4日目には殆んど無くなり

      5日目には、

      拘束されていた事(ベッドや車いすで、ベルトで身動きできない)など

      記憶にあり、どうして拘束されていたのかを

      何度か説明するとようやく理解できました

      ひどい認知症も尿毒症が原因だったようです
      

      今日も

      母は

      「どうしたんだろ?!・・・ 」 「どうしてボケたんだろう?!・・・ 」 と

      首を傾げ

      私が「ホント、ビックリしたよ!」 と何度も言うと

      「何で、あんなことしたんやろーね・・・」 と、笑い話のようになり

      ふたりで 「でも、良かったね~!あのままボケなくて良かったね~」 

      「ホント、良かったね~」 と

      1時間ぐらいそう言いながら時間が過ぎました


      今日は

      父と午後から母のところに行く予定でしたが

      父は昨日母に頼まれた補聴器の電池を買って(昨晩)

      朝早くすでに病院に行っていました

      10時頃に父から電話で

      「腎不全は良くなってきているけど

       貧血が悪くなって、今日から2本輸血をするらしく

       内科の先生に診てもらい、胃カメラをしてもらうから

       一緒に居てほしい」 と言われました

       (父は最近耳が遠くなってきたので

       母の外来には、姉か私も付添い医師のお話を聴いてきます)

       父からの電話で、私も急いで病院に行きました

       昼近くに消化器内科の医師が病室まで来て下さり

       「主治医からの依頼で、午後から胃カメラで検査をします

        貧血が酷く、黒い便が出ていたそうですが・・・」 と

        黒いところを指さし 「これぐらいの色でしたか?!」 と聴かれ

        「そうです」 と返事をし

        入院に至るまでの説明をしました


        「これぐらいの色の血便が出るのは、胃潰瘍か十二指腸潰瘍だと

        思われます」  ・・・ 胃カメラの検査結果は

        『胃潰瘍』 でした


        先週の木曜日に、胸焼けのような症状でかかりつけクリニックにかかり

        薬の処方により良くなったと話してくれた翌日に

        1度だけ黒い便が出ました



        医師に 「この胃潰瘍は何時頃できたものでしょうか?!・・・」 と、尋ねると

        「黒い便が出た頃だと思います」 と言われた事

        1週間は絶食・薬物治療

        2週間目からはやわらかい食事を始め

        今日から3週間は入院による治療が必要だと

        母にゆっくり説明して理解してもらいました


        好きな物を食べることが大好きな母なのに

        1週間も絶食・飲なことをとっても残念がりました

        そのことと、折角認知症がだいぶ良くなってきたのに

        退院が延び心配なことを

        検査が済んで病棟に戻るときに看護師さんに話したら

        小さな声で 「折角良くなってきたのに

        食べられないことが、1番認知症になるきっかけなので

 
        心配ですね・・・」 とおっしゃいました


        母も退院が延びて認知症が心配で

 
        「明日からは入院中

        計算ドリル(いつもしています)をして

        新聞を読むからメガネを持って来てね」 と父にたのみました

        昨日、計算ドリルを母に持っていったので

        母は頑張ってすると思います もっと、簡単で脳トレになることが

        あればなぁーと、いろいろ探してみます



        「もっと悪くなってからみつかったなら、手術したかもしれないね

        胃潰瘍も早くみつかって良かったね!」 と言うと       
        

        「ホント、もっと悪くなってからみつかったなら手術したかもしれない・・・

        胃潰瘍も早くみつかって良かったぁー」

        「いつも早めにみつかって本当にありがたいわ~」 と

        前向きな母は、そう言いました

        車にひかれて骨折をしてから

        どんどん老化がすすみ

        不憫に思っていた母が

        そう言ってくれたので気持ちが少し救われました         







 

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ



        
                   
by 0102mayu | 2015-02-12 20:12

小さな家に思い出がいっぱい。心地の良い空間に包まれ過ごせたら・・・


by mayu
プロフィールを見る
画像一覧